正しいケアで清潔を保とう

下着の女性

膣内ケアの方法を知ろう

膣内洗浄は、デリケートゾーンの表面だけでなくだけでなく内側の膣内も洗うことです。この膣内洗浄にはメリットデメリットがあります。メリットとしては、月経の終わりかけの残留経血を早めに洗い流すことができること、おりものなどによる汚れを洗い流し清潔を保ち、刺激物やアレルギー源の除去、抗生剤の効果が高くなるなどが挙げられます。しかし、頻繁な膣洗浄はデメリットしかありません。膣内は、常に存在する常在菌と呼ばれる乳酸菌の作用で酸性に保たれており、雑菌の侵入を自ら防ぐ力があります。頻繁な膣洗浄は、この常在菌も全て洗い流してしまうことになるので、膣の抵抗力が低下してしまい膣炎や性感染症に罹患しやすくなります。また、子宮内感染、骨髄炎症疾患、不妊症や早産のリスクも高まってしまいます。そこで大切になってくるのが正しいケアの方法です。膣洗浄をするときには滅菌蒸留水を使用しましょう。膣洗浄器は、使い捨てのものを使用し使いまわしは厳禁です。まず、膣洗浄前には、手と外陰部をデリケートゾーン専用の石?などで洗い清潔な状態にします。膣洗浄は、終了後膣内に不要な液体を残さないために排出する必要なあるのでトイレやバスルームで行うようにしましょう。膣内に何か違和感を感じるときは、婦人科に行って膣内洗浄をしてもらうことも可能です。痒みや痛みを伴う場合は、自己判断で膣内洗浄をせずに医師のアドバイスを聞きましょう。膣内洗浄は洗い方を間違えたり頻繁に行うと、臭いがきつくなったり他の病気を誘発する可能性もあります。自分で膣内を洗浄する場合には正しいケアの方法で清潔で快適な状態を保てるようにしましょう。