生理と上手に付き合う方法

錠剤

仕組み知って上手にケア

毎月起こることなのに、女性同士でも痛みの程度をうまく伝えられないほど個人差があるのが生理痛です。排卵期に女性ホルモンのプロゲステロンが卵巣から分泌される量が増加し、受精卵が着床しないまま生理が来るとその量はぐっと減ります。この差によって心身のバランスを崩したり、人によっては腹部の不快感や頭痛といった症状も起きます。PMSと呼ばれる「月経前症候群」がこれに相当します。生理痛の痛みの原因はプロスタグランジンというホルモンに似た特性を持つ物質です。生理が始まる直前から数日間で分泌量が急増します。子宮の収縮と子宮内の神経を敏感にさせる働きがあるため生理痛と深い関りがあります。下腹部痛やめまい、胃部の不快感が起きやすくなるのも特徴のひとつです。子宮への血流を減少させる働きもあり、結果的に骨盤周辺が血行不良に陥ります。このような状態から、冷えやむくみに加えて下腹部痛や腰痛が引き起こされると考えられています。軽い生理痛であれば、薬を使わなくても下腹部・腰部の血流を促進する半身浴や軽めのストレッチで軽減することができます。我慢せず、痛みに応じて鎮痛薬を使うのも有効です。一般的な市販薬に使用されているイブプロフェンは子宮に移行しやすく、アセトアミノフェンは鎮痛効果と安全性が比較的高いのが特徴です。一緒に配合されている無水カフェインは利尿作用があるためむくみ解消に効果が期待できます。いずれも薬の説明書をよく理解した上で使用することが大切です。現代の女性が一生のうちに経験する生理の回数は、初潮年齢の低下や出産回数の減少、閉経年齢の上昇などに伴い大幅に増えています。長い付き合いだからこそ、自分の体を知って最適な生理痛ケア方法を見つけて付き合えたら生活の質もきっと向上するはずです。